丸木は新型コロナウイルス感染症の拡大に対し、医療機器の安定供給と適正使用支援の継続を行う為に、次のような対応を実施しています。

1.社員の感染症対策の徹底
①全社員が毎朝検温を実施し、37.1℃以上の発熱や体調不良の際には出社させず、自宅待機としています。
②社内において、全社員がマスク着用とこまめな手洗いを励行するとともに、定期的な換気やソーシャルディスタンスの確保に努めています。
③交代制でテレワークの実施や時差出勤を行っています。
④全社員について、不要不急での県外への外出を禁止しています。

2.医療機関への対応
①医療機関へ伺う際は、マスク着用とこまめな手洗いの実施を徹底し、その医療機関の定めている感染対策に係る指示を遵守します。
②体調不良の社員は自宅待機とし、医療機関には訪問させません。

3.事業所内で感染者が発生した場合の対応
①事業所内で感染者が発生した場合は、保健所の指導の下該当事業所を消毒のため一定期間閉鎖します。
②消毒の為の閉鎖は1日から数日と見込まれますが、その間は当社の他事業所及びSPDセンターにおいて補完すべく対応し、医療機器の安定供給と適正使用支援の継続に努めます。
③万が一、感染者が複数出て事業所の閉鎖が長期間続く場合には、医療機器販売業協会の企業間で緊急対応を行うようにしています。

丸木は医療機器の安定供給と適正使用支援を行うために万全を尽くし、また、単独企業では困難な事態になっても、医療機器販売業の同業他社と協調して、医療機関への医療機器の供給を続けます。

※弊社では上記のような備えを行っていますが、それでもお客様には商品供給の遅延によるご迷惑をおかけする場合がございます。非常事態状況下にある事をご賢察賜り、何卒ご理解の上、ご了承を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

丸木医科器械株式会社